マイカーローン審査

マイカーローン審査を受けても何故落ちてしまう場合があるのか

属性はどうしようもないのか

マイカーローンの審査落ちの理由として、属性の問題があります。年収は高い方が有利ですし、勤続年数も長い方が有利です。中小企業よりも大企業の正社員の方がステータスは安定しているとみなされます。持ち家や固定電話の有無、家族構成なども審査に影響を与えます。

 

総合的に診断されるので、特定の項目だけで審査落ちというわけではありません。しかし、最終的な段階で属性が決め手となって審査結果が決まる場合もあります。このような属性の問題は、決まっている項目なので対策がないように見えます。

 

しかし、属性の問題を考えるのであれば、申告内容もきちんとしておいた方がいいというのが理解できます。それが申込み時の申告に影響を与えるケースもあります。

 

例えば年収1つとっても、手取りではなく総支給できちんと申告しているか、ボーナスも含めているかなど、審査に関心がない人だと適当に記入する人もいます。連絡先として固定電話の番号が入っていた方が貸付け側としては安心できますし、企業も支店名のみではなく本社の社員数で記入した方が有利になるでしょう。

 

実際どの程度影響を与えるかは定かでないにしろ、嘘をつくのでなければできるだけ有利になるように申告を工夫する余地はあります。

ただし虚偽の記載となるとマイカーローンの審査にも大きな悪影響を与えてしまうので、あくまで工夫をするといった部分までに留まります。嘘の内容で申し込みをしてもマイカーローンの審査に通るほど簡単ではないので、正しい情報での入力が基本となります。

 

マイカーローン審査を受けるにあたっての基本や条件、審査基準に関してはhttp://www.mycarloan-rate.jp/kihon/shinsa.htmlが詳しくまとめられているので、審査に対する不安がある方は申込み前に目を通しておくことをおすすめします。