マイカーローン審査

マイカーローン審査を受けても何故落ちてしまう場合があるのか

カードローンやクレジット契約を見直す

マイカーローンを組む時に、車に関係のない各種ローン契約やクレジット契約が審査に影響を与えます。本当に気を付けたいのは、返済などの手続です。例えばクレジットカードの引落としがされなくて利用停止などになってしまうと、今後各種ローン審査に影響を与えてしまいます。

 

カードローンも同じですが、支払いを滞らせてしまうと、お金に関する信用を失ってしまいます。ローンを組む時にも、この人はきちんと支払いをしてくれないかもしれないという判断をされてしまいます。各種ローン情報は信用情報機関に記録として残るので、カードローンやクレジットカード、マイカーローンに住宅ローンなど、様々なローンに相互で影響します。

 

また、支払い遅れがないとしても、現在多数の契約を結んでいる場合も注意が必要です。クレジットカードやカードローンの場合、好きなタイミングで借入れや買い物ができます。しかしその金額も与信枠として影響を与えるので、それが原因でマイカーローンの審査に落ちてしまう場合もあります。

例えば限度額50万円のカードローンを契約していて実際の借入は現在0円の場合でも、解約をしなければいつでも50万円借りられる状態です。マイカーローン審査では、借入0円であっても今後いつでも50万円借りられるという前提で審査を行うので、金額の面では不利になってしまいます。不要なカードは解約してしまった方が、審査の面では安心です。

 

申込み直前に解約をしても問題はなく、重要となるのはタイミングではなく契約が残っているかどうかです。契約が行っていればマイカーローン審査に悪影響が出るので、審査基準が得に厳しくなる低金利のマイカーローンを利用する場合には特にマイカーローン審査で気をつけておきたい部分をhttp://xn--ecko5mkc4a4cb7261jdgyc.net/memo/shinsa.htmlでも確認をし、無駄にならない申し込みを進めるようにしましょう。