マイカーローン審査

マイカーローン審査を受けても何故落ちてしまう場合があるのか

マイカーローンの審査に落ちるなんて

ローンの審査落ちというのは実際伝えられるとショックを受けます。自分にはローンを組む資格がない、社会的に地位が低いと、宣告を受けたような気分になる人もいると思います。しかし、マイカーローンの審査に落ちたからといって、社会的地位が低いというわけではありません

 

マイカーローン申込時には様々な観点から審査が行われますが、審査に落ちる人には傾向もあります。まずは落ち着いて、該当する理由がないかを確認してみましょう。

 

良いカーライフのためのマイカーローン

 

年収に対する借入額が適切でない

マイカーローンでは多額の借入を行うケースが多いですが、年収に対して借入額が大きすぎると、審査も厳しくなります。他の属性も絡んでくるのであくまで目安となりますが、年収の半分程度までが、マイカーローンで借りられる金額の目安となります。例えば年収400万円のサラリーマンなら、200万円が借りられる金額の目安となります。

 

また、銀行のマイカーローンなどでは、貸付け条件に年収200万円以上という条件がついている所もあります。年収200万円以下だと、自分の年収だけでマイカーローンを組むのは難しくなってきます。

 

勤続年数が短い

年収と借入れのバランスも大切ですが、収入の安定性も重要視されます。そういった意味では、勤続年数が審査に与える影響も大きいです。

 

勤続年数が少ないと、まだ収入が不安定だと見なされる場合があります。勤続年数1年未満の場合には審査に響く可能性があります。逆に問題ないだろうという目安としては、3年以上勤めていれば、特に問題はないはずです。

 

例えば転職が多く、今の職場に移って間もないという場合、それが要因で審査に落ちる可能性もあります。

 

属性に問題がある

審査では様々な方面からその人の返済能力を判断します。その時の属性に問題があり、審査に落ちるという可能性もあります。

 

例えば借家にすんでいる人よりも持ち家に住んでいる人の方が審査は有利だと言われています。勤続年数も属性の1つですが、他にも役職、雇用形態、就業先の企業規模なども審査に影響を与えます。

 

持ち家でないと審査に通らない、中小企業勤めだと審査に通らない、というわけではなく、それぞれを総合的に判断した上で審査結果が出ます。不利な状況が多すぎると警戒されますし、借入額が多めだとしたら、属性次第で審査結果がはっきり分かれる可能性もあります。
もっと詳しく知りたい方はhttp://www.mycarloan-shinsa.com/

 

与信枠の問題

自分の収入でいくらまでお金を借りられるか、例えばカードローンなどでは総量規制という法律があり、年収の1/3を超える貸付けは禁止されています。マイカーローンは総量規制の対象外なので、年収に対していくらまでという明記はありません。しかし、マイカーローン以外の借入状況が審査に影響を与える場合があります。

 

すでに複数のローンを組んでいるか、クレジットカードを複数枚所持していると、その与信枠も審査に影響を与えます。

 

例えば同じ年収500万円の人でも、借金が全くない人と300万円のローンが残っている人では、条件が全く変わってきます。

 

過去のローンに問題がある

与信枠の問題もありますが、すでに支払いが終わったローンが審査に影響を与える場合もあります。過去にクレジットカードのキャッシング枠やカードローンでお金を借りたという人でも、きちんと支払いを済ませているならば問題にはなりません。問題になるのは過去のローン関連で未払いや返済の遅れがあった場合です。

 

例えば過去にカードローンを利用していた経験があり、カードの返済がいつも遅れていたというような場合、マイカーローンの審査でも厳しい評価を受けてしまいます。

 

他社の関係のないローンであっても、その情報は信用情報機関に記録されているので、マイカーローンの審査にも影響を与えてしまいます。

現在はディーラーローンではなく銀行のマイカーローンが注目されてきています。同じマイカーローンでもディーラーローンは金利が高く、銀行のマイカーローンは金利が低めに設定されているのがその理由です。実際支払総額が数十万円変わるというケースも多いので、お得にローンを組みたいならば必ず比較しておきたい所です。

 

しかし、銀行のマイカーローンは審査が厳しいと言われているので、もしも審査に落ちたらディーラーローンを選択すればいいかもしれません。銀行のマイカーローンの事前申し込みはキャンセルが可能です。審査結果を知りたいだけなら申込みをしてみれば結果がわかります。まずは銀行のマイカーローンを試してみて、駄目ならディーラーローンを試す、という方法をとれば、リスクも少なくローンが組めます。

 

銀行のマイカーローンと比べてディーラーローンが有利なのは、金利が高いだけではありません。ディーラーローンでは購入する車が担保になるので、貸付け側のリスクも抑えられます。それだけ審査も通しやすくなるので、金利差以上に審査は通りやすくなります。

 

また、審査落ちに関してはディーラー側としてもメリットがないので、その時の対策についても知恵を絞ってくれます。これも銀行にはない利点です。

続きを読む≫ 2017/10/15 12:42:15

マイカーローンの審査を考える上で、銀行のマイカーローンは不利だと言われています。その理由として大きいのが金利です。ディーラーが斡旋しているディーラーローンは金利が高めに設定されていますが、その分審査は通りやすいと言われています。

 

低金利で借りられる銀行のマイカーローンなら支払総額を大幅に抑えられますが、その分審査が厳しいという評価があります。

 

しかし、マイカーローンの審査を考える上で、実は銀行のマイカーローンは非常に優秀な面もあります。審査の面で評価の高いディーラーローンですが、実際の審査は車の購入が決まった最終段階で初めて行われます。つまり、ローンが組めるかどうかは実際に車種もオプションも全て決定してからでないとわかりません。

 

しかし、銀行のマイカーローンは車種が決まる前でも審査を受け付けています。つまり、まずは審査結果を見てから、車種やオプションを決められます。先に借りられる金額がわかれば、車種やグレードの選択も気持ちに余裕をもって行えます。

続きを読む≫ 2017/10/15 12:42:15

マイカーローンを組む時に、車に関係のない各種ローン契約やクレジット契約が審査に影響を与えます。本当に気を付けたいのは、返済などの手続です。例えばクレジットカードの引落としがされなくて利用停止などになってしまうと、今後各種ローン審査に影響を与えてしまいます。

 

カードローンも同じですが、支払いを滞らせてしまうと、お金に関する信用を失ってしまいます。ローンを組む時にも、この人はきちんと支払いをしてくれないかもしれないという判断をされてしまいます。各種ローン情報は信用情報機関に記録として残るので、カードローンやクレジットカード、マイカーローンに住宅ローンなど、様々なローンに相互で影響します。

 

また、支払い遅れがないとしても、現在多数の契約を結んでいる場合も注意が必要です。クレジットカードやカードローンの場合、好きなタイミングで借入れや買い物ができます。しかしその金額も与信枠として影響を与えるので、それが原因でマイカーローンの審査に落ちてしまう場合もあります。

続きを読む≫ 2017/10/15 12:42:15

年収に対してマイカーローンの借入額が大きすぎると、審査もそれだけ厳しくなります。希望する車の購入価格が高くついてしまい、審査が不安であれば、それに対する解決法もあります。やはり一番いいのは借入額を減らす試みとなります。

 

車のグレードを下げるという方法ももちろんありますが、グレードを下げずに借入額を減らしたいのであれば、ディーラーに値下げの交渉をする、頭金を増やす、下取りを工夫する、という方法があります。

 

ディーラーに値下げの交渉をするのは意外と有効な方法です。販売店の状況や頼み方によっては大幅な値下げの可能性もあります。例えばちょっと待って祭日のキャンペーンを使って値下げをするなど、相談してみると何とかなる場面というのは実際にあります。

 

頭金を増やせば結果として借入額は少なくて済みます。頭金の負担は大変だとしても、借入額が減らせば、審査に通りやすくなるだけでなく金利手数料も抑えられます。

 

下取りの工夫については、車の買い替えであれば有効な手段です。今乗っている車の下取り価格を交渉してもいいですが、ディーラーではなく別の販売店で高く買い取ってくれる所を探すだけで、買取価格が大幅に上がる可能性があります。今はネットで買取価格の見積もりを手軽に出せるので、交渉の価値はあります。

続きを読む≫ 2017/10/15 12:42:15

マイカーローンの審査落ちの理由として、属性の問題があります。年収は高い方が有利ですし、勤続年数も長い方が有利です。中小企業よりも大企業の正社員の方がステータスは安定しているとみなされます。持ち家や固定電話の有無、家族構成なども審査に影響を与えます。

 

総合的に診断されるので、特定の項目だけで審査落ちというわけではありません。しかし、最終的な段階で属性が決め手となって審査結果が決まる場合もあります。このような属性の問題は、決まっている項目なので対策がないように見えます。

 

しかし、属性の問題を考えるのであれば、申告内容もきちんとしておいた方がいいというのが理解できます。それが申込み時の申告に影響を与えるケースもあります。

 

例えば年収1つとっても、手取りではなく総支給できちんと申告しているか、ボーナスも含めているかなど、審査に関心がない人だと適当に記入する人もいます。連絡先として固定電話の番号が入っていた方が貸付け側としては安心できますし、企業も支店名のみではなく本社の社員数で記入した方が有利になるでしょう。

 

実際どの程度影響を与えるかは定かでないにしろ、嘘をつくのでなければできるだけ有利になるように申告を工夫する余地はあります。

続きを読む≫ 2017/10/15 12:42:15